飼料開発事業

vital

用途 A飼料(牛・豚用) ※主飼料に0.1~0.3%を添加する。
特徴 乳酸菌「エントロコッカスフェシウム・ラクトバチルスアシドフィルス・ビフィドバクテリウムサーモフィラム」を二重微細カプセル化技術(特許第4108613号)『胃で一次カプセルが開き、腸で二次カプセルが開く』を利用し腸まで安全に送り安着させる。

vital

   ◆ 致死率の改善
    免疫力を増進させ致死率を減少させる。
   ◆ 下痢等の異常時における個別対応
    乳酸菌で腸内の有害菌を抑制し有益菌を促進させることにより、下痢を予防する。
   ◆ 体重増加
    小腸及び大腸の有害菌を抑制、有益菌を促進し、体質改善により成長速度が速まる。

chebigen

バイタルフィードを子豚(5ヶ月)に投与した試験データ

対照群 バイタルフィード投与群
試験頭数 100 100
開始体重(kg) 39.9 39.3
終了体重(kg) 99.9 120.3
1日当増体重(g) 0.671 0.873
1日当飼料摂取(g) 1.50 1.29
斃死率(%) 15 4

bikou

  • 九州大学大学院と共同研究契約を結び、高原農業実験実習場において黒毛和牛を対象に試験実施
    研究テーマ「乳酸菌二重カプセルバイタルフィードが強化哺乳時の消化吸収機構及び
    免疫システムに与える影響」に関する検討。
  • 平成21年度産学官交流研究グループで、もじゃこを対象に大分県水産試験場にて投与試験実施
    研究テーマ「二重微細カプセルDHA添加給餌による養殖魚体内のDHA蓄積量変化」
  • 大分の繁殖用豚試験場においてバイタルフィード投与試験実施、
    好結果にて3月より全頭投与開始
  • 大分県畜産試験場において、平成22年6月より子豚を対象にバイタルフィード投与試験を開始
  • 大分県畜産試験場において平成23年6月より母豚・産子を対象にバイタルフィード投与試験を開始。
  • 平成23年9月より、バイタルフィード販売開始