1. HOME
  2. お知らせ
  3. フレッツブプレミアム306億個の乳酸菌について

NEWS

お知らせ

フレッツブプレミアム306億個の乳酸菌について

なぜ加熱殺菌?

  • 多くの菌種菌数
    →乳酸菌22種で1gあたり1,000億個以上の加熱殺菌乳酸菌を含みます。少量配合するだけで多くの菌種、多くの菌数をアピールできます。
  • 製造時のユーザビリティ
    →殺菌体のため、加工・製造、保管、輸送などの各工程でコンタミネーションの心配がありません。
  • 優れた安定性
    →製造・保管・輸送での品質・性状が安定しています。
  • 高い汎用性
    →耐熱性が高く、熱がかかる加工にも適しています。剤形(錠剤、顕粒など)、食品タイプ(焼き菓子、ベーカリーなど)を限定せず、加工食品に広く応用できます。

22種の菌の紹介

ビフィズス菌5種、乳酸菌17種を最適な割合で配合しています。

ビフィズス菌

“善玉菌”としてヒトの腸内環境を整えることがわかっています。
腸内で酢酸、乳酸を産生して、腸内のpHを低く保ち、大腸菌などの日和見感染菌の菌数を抑制します。
また感染防御作用や免疫賦活作用、コレステロール低下が報告されています。
腸内のビフィズス菌は年齢とともにその種類と菌数が変化し、高齢期にはビフィズス菌の総菌数が大きく減少していくことがわかっています。
ビフィズス菌の中でも有力な5種、乳児型として知られるインファンティスやブレーベ、乳児から高齢期まで生息するロンガムなどを選定しました。

菌種名
Bifidobacterium animalis subsp.lactis
ビフィドバクテリウム ラクティス
Bifidobacterium bifidum
ビフィドバクテリウム ビフィダム
Bifidobacterium breve
ビフィドバクテリウム ブレーべ
Bifidobacterium infantis
ビフィドバクテリウム インファンティス
Bifidobacterium longum
ビフィドバクテリウム ロンガム

乳酸桿菌

乳酸を産生する微生物で、桿菌のものをラクトバチルスといいます。
ラクトバチルスの発酵によって作られるチーズや発酵乳は、昔から保存食として利用されてきました。
近年の研究で、整腸作用や感染予防、免疫賦活作用、アレルギー低減作用などの健康影響が明らかとなり、作用機序についても研究が進んでいます。

菌種名
Lactobacillus acidophilus
ラクトバチルス アシドフィルス
Lactobacillus buchneri
ラクトバチルス ブフネリ
Lactobacillus casei
ラクトバチルス カゼイ
Lactobacillus delbrueckii subsp.bulgaricus
ラクトバチルス デルブリッキー ブルガリクス
Lactobacillus delbrueckii subsp.lactis
ラクトバチルス デルブリッキー ラクティス
Lactobacillus fermentum
ラクトバチルス ファーメンタム
Lactobacillus gasseri
ラクトバチルス ガセリ
Lactobacillus johnsonii
ラクトバチルス ジョンソニー
Lactobacillus paracasei
ラクトバチルス パラカゼイ
Lactobacillus plantarum
ラクトバチルス プランタラム
Lactobacillus reuteri
ラクトバチルス ロイテリ
Lactobacillus rhamnosus
ラクトバチルス ラムノーサス
Lactobacillus salivarius
ラクトバチルス サリバリウス

乳酸球菌

Enterococcus、Lactococcus、Streptococcusは、球のような形をした球菌(coccus)です。腸管グループに入るものをエンテロ(腸管由来)コッカス、乳酸グループに入るものをラクト(乳酸産生)コッカス、鎖のように連なるグループをストレプト(連鎖)コッカスと呼んでいます。
球菌1個の直径は通常0.6~1.0μmとなり、腸管での取り込みに有利な微小なサイズです。
整腸作用が確認されているほか、免疫賦活作用も期待されています。

菌種名
Enterococcus faecium
エンテロコッカス フェシウム
Lactococcus lactis subsp.cremoris
ラクトコッカス クレモリス
Lactococcus lactis subsp.lactis
ラクトコッカス ラクティス
Streptococcus thermophilus
ストレプトコッカス サーモフィラス

\食べる/乳酸菌と大麦若葉の粒 『フレッツブ』プレミアム 商品詳細はこちら

最新記事